鞭嵜八幡宮/用語解説

日待祭

集落内の者が、予め定められた家に集合し、前夜より物忌潔斎(ものいみけっさい;神事などのため、ある期間、飲食・言行などを慎み、沐浴をするなどして、心身の穢れを除くこと)をして日の出を待つこと。古義で、神の来臨を迎える太陽神信仰の一種。
出席者は水垢離をしたり、風呂に入り、清潔な着物を身に付け、眠らずに一夜を過ごし、翌朝日の出を拝む。将棋、花合せ、双六等を行い時を過ごし、また次第に酒宴が伴うようになった。これらは一般の娯楽の発生の源ともいわれている。古代の共同祭祀の遺存で、年の始めや、田植え、収穫の時期、その他、季節の変わり目に来臨する神を迎え祭るため、旧暦正月、5月、9月の中旬か15日、または仕事の暇な時に集まって行うことが多い。
矢橋町の日待は、鞭嵜八幡宮(当時は矢橋八幡宮)が創建された白鳳4年(西暦676年)から始められたといわれている。1月14日(いわゆる日待)、1月24日(愛宕日待)ならびに9月30日(9月日待)に行われている。1月14日の日待には、鞭嵜八幡宮宮司が全12ケ町をまわり祝詞を上げる。

御田祭(おんださい)

御田植(おたう)え祭ともいい、早乙女たちが田植えをし、五穀豊穣を祈願するお祭り。
宮崎県美郷町の上円野神社では、一般の参詣者も加わり、神人・牛馬一体となって神田の整地から田植えを行い、参詣者の無病息災と豊作を祈願する。この神田の泥しぶきを浴びると人はもちろん牛馬の無病息災が約束されるといわれている。鞭嵜八幡宮では、現在田植えを行うことはないが、田植えを反映した祝詞を上げている。

五月休祭(ごがつきゅうさい)

農作業の植えつけが無事終わった事を神に報告し、五穀豊穣を祈願するお祭り。

早穀祭

草木祭ともいう。秋祭りの事で、無事に稲穂を刈り終わることができたことを神に報告し、五穀豊穣を感謝するお祭り。

copyright (C) 2008 yuko ohga All Rights reserved.