2013/5/15 水曜日

平成25年度 矢橋町鞭崎神社五月大祭

暑さが感じられるほどの好天に恵まれ、五月大祭の渡御は無事挙行されました。
五丁目町では老上小学校の校歌も飛び出し、子供達もマイクを必死に掴んで賑やかに楽しまれていました。
氏子の皆さまには真にお世話になりました。この場をお借りし深く御礼申し上げます。
尚、掲載写真は橘さんに提供して頂きました。

11.JPG 2.JPG

3.JPG 4.JPG

5.JPG 6.JPG

7.JPG 8.JPG

2013/1/18 金曜日

左義長の火祭り

1月15日朝6時に左義長の火祭りが行われ、注連縄(しめなわ)、旧い御札さん、書き初め等が燃やされ、五穀豊穣、無病息災等が祈願されました。

左義長の火祭り

2013/1/9 水曜日

2013年 正月

神主からの新春メッセージ
“新しき年の新しき月の新しき日を迎え、此の年を良き年の美し年と弥遠に弥広に守り給ひ幸はへ給へと言寿ぎ奉る”
皆さま 新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

干支準備 干支完成
(干支造型物を取付中の三七三会の人達とその完成品):本年は、巳年にちなみ巳の造型物を三七三会(草津市立草津中学校昭和37年3月卒業生)の方達が奉納されました。愛らしいへびで、参拝のお子様も喜んで祈念撮影をされていました。背景は重要文化財で移築された膳所城の南大手門です。残念ながらこの干支造型物は1月15日に左義長の火祭りで焼却されます。

本社殿
(本社殿):門松と注連縄が新しく飾られると本社殿も急に正月らしくなり、迎春の準備が整います。

神馬
(注連縄を付けた神馬):正月らしく注連縄を首に巻いた神馬。昔は本物の馬を飼っていたそうです。

左義長
(左義長の火祭り準備):小正月祭(1月15日)に先立ち、朝6時に左義長に火を付け、用済みの御札さん、お守り、門松等を燃やします。朝早いですがご興味のある方は是非一度ご覧下さい。

巫女さん
(高校生の巫女さん):12月31日から正月3日まで、3名の地元高校生が神社の正月に華やかな彩りを添えてくれました。

宮総代
(宮総代の方々):任期2年で、12名の氏子さんが宮総代として日々神社の面倒を見てくださいます。写真の宮総代の方々の半数は1月14日に任期を終えられ、残りの方々にはもう一年お世話になります。これらの宮総代の方々が、氏子活動の中心的な役割を担われ、神社の元旦祭、節分祭、5月大祭、その他の諸例祭、神社の清掃等、神社に関係するあらゆる仕事をして下さいました。皆さまには大変お世話になりました。神主として厚く御礼申し上げます。

写真一部提供山本國昭氏

« 前のページ次のページ »

Copyright (C) 2008 yuko ohga, All rights reserved